オフィス犬 研究会

ペット後進国の日本で「人と犬」のより良い共存を目指し、「職場(オフィス)に犬がいること」に関する情報を集めています。

狂犬病の予防接種率が減少していることの考察

こんにちは、officedogです。

 

先日のエントリで、粗くですが、都内の予防接種率を行政区別に見てみました。人間が発症すると致死率100%(かかったら治せない)と言われる狂犬病ですが、都内では7割程度の摂取率に止まっているようでした。

 

www.officedog.work

 

答え合わせとして、実際にニュースを検索すると、かつて90%を超えていた全国平均の接種率も、2016年時点で70%台となっているようでした。

 

www.sankei.com

 

海外では撲滅できていない狂犬病ですが、1957年以降発生していない日本は清浄国と言われています。ですが、近隣の中国や台湾では発生していることや、渡航者の往来数が増加してくれば、国内の予防摂取対策だけでは防げない可能性もある気がしますね。

 

f:id:officedog:20190610143505p:plain

狂犬病の予防接種率の推移(東京都福祉保健局HPのデータから)

実は、都内だけではなく全国的に、1996年以降減少しています。なぜ予防接種率が減少しているのか?ぱらぱらと仮説を並べてみます。

 

  1.  生後90日未満の子犬も含めて、ブリーダーが受けさせていない
  2.  登録数に、すでに死亡した頭数が含まれている
  3.  所得水準が関係して、受けさせる意識差が生まれる
  4.  高齢犬の割合が増え、外出をさせにくくなっている
  5.  狂犬病は撲滅済のため、義務と言われても必要性が疑問視されている

 

どれもアンケート調査等が必要になってくる(2は行政に聞けば正確な定義がわかるかも)ので、ここでは何とも結論が出せないですが、少なくとも1996年特有の内容ではなさそうです。おそらく、下記が原因と思われます。

  • 1995年 狂犬病予防法改正で犬の登録義務が毎年から生涯1回に変わった

 

 

狂犬病再侵入―日本国内における感染と発症のシミュレーション

狂犬病再侵入―日本国内における感染と発症のシミュレーション

 

 

  

 

登録と予防接種を同時に行なっていた習慣があったのでしょう、登録の機会がなくなり、そのまま予防接種もしなくなった…と考えられそうです。その後、2007年にわずかに回復(2006年に渡航者の発症が全国的ニュースになったから?)してますが、改善には至っていません。

 

 

ちなみに、ご参考までに狂犬病の蔓延するメカニズムはこちら。専門家によると、接種率は約7割が蔓延のボーダーラインとのことで、事実だとすると危ないラインですね。

f:id:officedog:20190610145832p:plain

http://www.vet.kagoshima-u.ac.jp/kadai/V-PUB/okamaoto/vetpub/Dr_Okamoto/Moromoro/Hayariyami3_6.html

 

自分の身を守るためには、自身の飼い犬だけでなく、他の飼い主にも働きかけないといけないのかもしれません。。